その他関連記事

出会い系サイト逆援交退会手続きをしたところで効果が見られません

驚くことに前掲載した記事で、「出会い系サイトの中で見つけた相手と、会ったらなんと犯罪者だと言い出した」という状況になる女性の話をしましたが、結局その女性がどうしたかというと、その男性とは本気で付き合う関係になってしまいました。
理由としては、「何かありそうな男性で、断ったらやばいと感じひとまずついて行っただけ」との話だったのですが、本当はそれだけの理由ではなく、彼女のタイプと近いこともありそこで終わりにしなかったようでした。
前科にも色々なものがありますが、結構な長さのある刃物を使って自分の親を傷つけたという出来事だったそうで、危ないと感じる事があるだろうと思う気持ちが強くなるかも知れませんが、実際に話すと温厚そうな人で、子供には親切にするところもあり、警戒心も緩んでいき、お互いに恋人として思うようになったのです。
その彼女が男性とどうなったかというと、その相手が信用しづらい変な行動をするので、気付かれないように家を出て、付き合いをそのまま終わりにしたという終わりになったのです。
何か変な行動をした訳でも無いのに安心する暇がなくなり、同棲生活を送っていましたが、追ってこられても困るので隠れるように出ていくことだけ考えていたと話していましたが、どうやら恐怖を感じるようになったという部分も確かにあったようですが、言い合いだけで済むような事で、力に頼ろうとしたり、乱暴をしようとする感じの挙動をわざわざ見せるから、結果的にお金もすぐに渡すようになり、別の事に関しても色々として、そのままの状況で生活していたのです。
「出会い系サイト運営側から何通もメールを受信するようになったこれって、どういうこと!?」と、困惑した覚えのある方もほとんどではないでしょうか。
筆者も苦い体験があり、そういった場合、利用した出会い系サイトが、どういうわけか分からないのですが数サイトに渡っている可能性があります。
このように指摘するのは、多くの出会い系サイトでは、システムが勝手に、他のサイトに登録されているアドレスをそのまま別のサイトに漏らしているからです。
言うまでもないことですが、これは登録している人が希望通りではなく、いつのまにか流出するケースがほとんどなので、使っている側も、システムも分からないうちに逆援助交際数サイトからダイレクトメールが
加えて、こういったケースの場合、退会すれば問題ないと安易に考える人が多いですが、退会手続きをしたところで効果が見られません。
とどのつまり、サイトを抜けられないまま、他の出会い系サイトに情報が漏えいしっぱなしです。
設定を変えてもそんなに意味はありませんし、まだ拒否設定にされていないアドレスを変えて、メールを送ってくるだけのことです。
一日で受信箱が満タンになるほど多すぎる場合は何も考えずこれまで使っていたアドレスを変更するしか打つ手がないので安易に登録しないようにしましょう。

関連記事はこちら