その他関連記事

彼女も魅力を感じる部分がありそのまま関係を続けようと思ったようです岡山援助

D(キャバクラ在籍)「有名ブランドのバッグなんて欲しがったらけっこういけませんか?あたしも、数人別々に同じ誕プレ頼んで1個以外は売る用に分けちゃう」
筆者「…ショックです。プレゼントどうなるんですか?」
D(キャバクラで稼ぐ)「それでも皆もお金に換えません?床置きしてもどうにもならないし流行が廃れないうちに必要な人が持った方がバッグだってうれしいっしょ」
E(十代、国立大の女子大生)ごめんなさい。わたしもなんですけど質に流すタイプです」
C(銀座のサロンで受付をしている)「出会い系サイトを通してそんな貢いでくれる男性と知り合えるんですね…私は今までお金に換えたりとかはないです」
筆者「Cさんって、出会い系サイトを使ってどんな目的の男性を遭遇しましたか?
C「プレゼントをくれる誰もくれませんでした。全員、ルックスもファッションもイマイチで、ヤリ目的でした。わたしに関しては、出会い系サイトとはいえ、恋活のつもりでメールとかしてたのでさんざんな結果になりました」
筆者「出会い系サイトを使ってsnsで援交どういった異性と探しているんですか?
C「批判覚悟で言えば、医者とか弁護士の方とか国立大在学中のエリートコースを歩んでいる人といっしょになりたいんです。
E(国立大に在学中)わたしはというと、今国立大で勉強中ですけど、出会い系サイトを見ていても出世しそうなタイプはいる。けど、恋愛をする感じではない。」
出会い系サイトでは、オタクに対して偏見のある女性がどういうわけか多くいるということです。
クールジャパンといってアピールしているかに見える日本であっても、まだ一般の人にはとらえることは薄いようです。
前回紹介した話の中では、「きっかけは出会い系サイトでしたが、直接会うことにしたら犯罪者だった」という経験をした女性がいましたが、なんとその女性はそのまま、男性との出会いが交際に進展することになってしまいました。
なぜかというと、「男性の見た目が厳つくて、断る事が怖くなってついて行くしかなかった」と言っていましたが、もっと詳しい話を聞くうちに、彼女も魅力を感じる部分がありそのまま関係を続けようと思ったようです。
どのような犯罪を彼が犯していたかというと、三十センチほどの長さの刃物で他でもない親を刺してしまったというものだったので、危険だと考えるのが当然かも知れないと思う場合もあるでしょうが、感じの悪い部分がなかったようで、普段はそれこそ親切なぐらいでしたから、問題など起こらないだろうと、交際しても良いだろうと思ったようです。
その後も上手くいけばいいのですが、たまに男性が怪しい行動を始めたりするので、怪しまれないように黙って家を出て、その相手とは縁を切ったとその彼女は話してくれたのです。
特に怒らせることがなくても恐怖を感じるような状況で、一緒に同棲していた家から、今のうちに離れていこうと出来るだけ急いで出ていったということですが、どうも何も無いがただ怖かったと言うだけの理由が問題ではなく、ちょっとした言い合いにでもなると、すぐに力に任せるなど、凄まじい暴力を振るう感じの態度を頻繁にしていたので、お小遣いなども渡すようになり、別の事に関しても色々として、しばらくは生活をしていったのです。

関連記事はこちら